上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベ やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4巻 感想

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4 (ガガガ文庫)

えー、今更ですが、”やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4巻”の感想を書いていきたいと思います。

今回のお話も、相変わらずおもしろお話だと思いながら読むことができました。

前にも書いたかもしれませんが、八幡君の考え方とかが捻くれているなあと感じるけど、一々共感できておもしろい。
これってきっと作者の考え方をそのまま八幡君を通して書いているから、読者も何かを感じることができるんでしょうね。





ネタバレありの、読んだ後の感想を書きますと、八幡君流ボッチ救済術は、なるほどなと思いましたね。

私も常々思っていたことなのですが、友達が多ければ多いほどいいっていうのはなにか間違っているなと。
また、その逆に、友達が少ないことが悪いことであるように感じれるのもどうかなと。

まあ所属しているグループで、話仲間とかふつうにいるのですが、友達ってどこからどこまでが友達なんでしょうね?

向こうはどう考えているかわかりませんが(笑)、私が親友と呼べるのは二人ですかね。

というか、大人数でつねに行動するというのが、私がそこまで楽しいと感じないだけなのですが。

ぶっちゃけ、友達グループというものがあるとして、その人たちはみんながみんな、果たしてお互いを親友だとおもっているのでしょうか?


重松清さんの小説の”きみの友だち”という作品で、
「”みんな”が”みんな”でいるうちは、本当のともだちにはなれない」

みたいなセリフがたしかありました。(うろおぼえなのでまちがってたらすいません;)


結局、そういう風にみんな仲良しって言っている人たちは、みんなのなかにいれる安心感みたいなものが欲しいだけなのであって、その友人一人ひとりのことが本当に大事だと思っているのでしょうか?


あなたの仲良しグループは、果たして、仲間ごとに順位をつけずに、なにがあっても仲間を切り捨てないで、仲良くできるのでしょうか?

まぁ、捻くれているものの考えとして、このような考え方に共感できない方には、こういう考えの人もいるんだなぁとどうか寛大な心で流してほしいですw

ラノベ クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門 感想

ラノベをまとめ買いいしてきました!!

・なれる!SE 6巻
・クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門
・トカゲの王 2巻
・のうりん 3巻
・やはり俺の青春ラブコメは間違っている。 4巻
etc

”江波光則”さんの作品も、あらすじやそこらでの感想を見る限り買ってみたいと思ってたんですけど今回は買わなかったですね。
こういうタイプの作品とかおもわず買っちゃいそうになる。

その中から読んだものの感想を、気が向いたら書いていこうと思います


今回はその中から、クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門の感想を簡単に書きます。

あらすじとかは他のところで探してもらうとして、私の読んだ感想を一言で言うと、難しいことは考えずにさらっと読みきれる作品です。
そのぶん読んだ後に考えることや、感じる余韻とかはあまりないかもしれませんが。

続きが出るかわかりませんが、この巻だけでお話は一応完結していますし、続いていく作品を買い続けていくつもりがない方にはオススメかも。
てっきり主人公がだれともくっつかずに、だらだらと引き延ばしていく作品になるのかなと思っていましたが、普通にヒロインのひとりとくっつきましたし。

あとタイトルが、クズがみるみるそれなりになるっていうタイトルですが、主人公は別にクズでもなんでもないですw
未来からきたカマタリさんっていう存在がいるので、てっきりドラえもんみたいに道具とかを使って、ヒロインのだれかとくっつかせるのかと思っていましたが、普通に彼女をつくるための努力をして、成功するまで繰り返していますしね。





ラノベ トカゲの王Ⅰ 感想

トカゲの王 1 (電撃文庫 い 9-22)

今回感想を書くのは入間人間さんの”トカゲの王”です。

この作品、入間人間さんとブリキさんという電波女のコンビだったので表紙買いしたので、そこまで期待していなかったんですが、入間人間さんが超能力バトル物を書くとは思いませんでした。

編集が”とある魔術の禁書目録”の編集者の三木一馬さんだからでしょうか?
作中にも禁書って名前がでてましたし、キャラクターも禁書のキャラに似ているのがいたような・・・

内容のほうですが、バトル物でここまで肉体的な意味で痛々しいことになる主人公がいたでしょうか・・・

実は主人公の目の色が変わることによって本当の能力が!!っていう展開にでもしないと、ここまで弱い主人公でこの先大丈夫なのでしょうかw

また、この巻だけだといろいろと謎が多すぎて、評価が難しいと思いますが、続きがとても気になる終わり方だったので、2巻が楽しみです。

ちなみに2巻は、ラノベの社によると1月に発売予定だとか。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 本・雑誌

ラノベ All You Need Is Kill  感想

All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
集英社 著者:桜坂 洋 価格:600円


powered by amalink

今回は"All You Need Is Kill"というラノベの感想です。

この本を読んだのは大分前なのですが、ハリウッド映画になるということで感想を書いてみます。

さて、この本なのですが、2chのラノベのおすすめスレなどでよく名前があがっていたり、ブクログやamazonの評価が高かったので買ってみたのですが、読み終わった後に何かが残るとかいうこともなく、私的にはそこまで高い評価になる理由がわからない作品でした。

ただ、ハリウッド映画のような映像作品だと、だいぶおもしろい作品になるのではないでしょうか?
ギタイたちと戦っている戦場の様子とか、なかなか迫力ある映像が期待できるようなきがしますが。

お話の内容も、そこまで濃いお話ではありませんし、2時間映画にも十分おさめられる内容だと思います。

まぁ小説として読むと、なんというか最後の方が途中で予想できてしまったし、そこまでキャラに魅力を感じなかったんですよね・・・

ループ物って、もっとループする人物やその背景に魅力がないとそこまでおもしろくないような気がするんですが・・・

あとですね、ループしてる主人公がそこまで苦労しているようにみえないというか、二次創作小説によくある俺つえーをやっているだけのような・・・
いや、ギタイ相手だけではなく、同僚に対しても俺つえーやってますしね。

ちなみにラストのオチですが、メタルギアソリッド3の最後の方もわりと似たような感じだと思うんですが、メタルギアソリッドのほうはおもしろかったんですよね、なぜか。


的外れな感想かもしれませんが、私はこう感じました。



テーマ : 読了本
ジャンル : 本・雑誌

ラノベ やはり俺の青春ラブコメは間違っている 3巻 感想

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3 (ガガガ文庫)

”やはり俺の青春ラブコメはまちがっている”3巻、読み終わりました。
この3巻、ドラマCD付きの特装版も同時にでていたんですが、通常版より1000円以上も高いんですよね・・・
なので普通に通常版を買いに行ったら本屋には特装版はあるのに通常版が入荷していないという状況。
今回ラノベの特装版というのを初めて買うことになりましたよ。

ちなみにCDの内容ですが、普通に本の最後のほうに書いてあって読むことができますので無理して特装版を買う必要はないかと。

さて、3巻の内容ですが、今回も相変わらずおもしろかったです。

2巻のラストからしてシリアスな展開になっていくのかなーと思っていましたがそうはならなくて個人的には良かったです。
シリアスになって重い展開やグダグダな話を長々と続けられるよりは全然いいですからね。

あと八幡は戸塚が大好きすぎでしょうw
男だから好意を素直に受け取れる。間違って告白することはないとかw
あとは妹の小町いわく帰ってきてから家で話すことは戸塚のことばかりで、「今日の戸塚」のコーナーが作れてしまうレベルだとかw

ちなみに2巻に新しくでてた川崎姉弟とか良い人でイケメンな葉山君とか今回でてなかったけど次回からは登場予定あるのかな?



テーマ : 読了本
ジャンル : 本・雑誌

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

電撃文庫もくろっく
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。