上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベ やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4巻 感想

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4 (ガガガ文庫)

えー、今更ですが、”やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。4巻”の感想を書いていきたいと思います。

今回のお話も、相変わらずおもしろお話だと思いながら読むことができました。

前にも書いたかもしれませんが、八幡君の考え方とかが捻くれているなあと感じるけど、一々共感できておもしろい。
これってきっと作者の考え方をそのまま八幡君を通して書いているから、読者も何かを感じることができるんでしょうね。





ネタバレありの、読んだ後の感想を書きますと、八幡君流ボッチ救済術は、なるほどなと思いましたね。

私も常々思っていたことなのですが、友達が多ければ多いほどいいっていうのはなにか間違っているなと。
また、その逆に、友達が少ないことが悪いことであるように感じれるのもどうかなと。

まあ所属しているグループで、話仲間とかふつうにいるのですが、友達ってどこからどこまでが友達なんでしょうね?

向こうはどう考えているかわかりませんが(笑)、私が親友と呼べるのは二人ですかね。

というか、大人数でつねに行動するというのが、私がそこまで楽しいと感じないだけなのですが。

ぶっちゃけ、友達グループというものがあるとして、その人たちはみんながみんな、果たしてお互いを親友だとおもっているのでしょうか?


重松清さんの小説の”きみの友だち”という作品で、
「”みんな”が”みんな”でいるうちは、本当のともだちにはなれない」

みたいなセリフがたしかありました。(うろおぼえなのでまちがってたらすいません;)


結局、そういう風にみんな仲良しって言っている人たちは、みんなのなかにいれる安心感みたいなものが欲しいだけなのであって、その友人一人ひとりのことが本当に大事だと思っているのでしょうか?


あなたの仲良しグループは、果たして、仲間ごとに順位をつけずに、なにがあっても仲間を切り捨てないで、仲良くできるのでしょうか?

まぁ、捻くれているものの考えとして、このような考え方に共感できない方には、こういう考えの人もいるんだなぁとどうか寛大な心で流してほしいですw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

電撃文庫もくろっく
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。